toplogo top_home top_sitemap top_download top_cyumon
mushimegane     
rinsyo kigyo gakko kaigai other sanko








 ▼ 人格検査   

 検査コード
NBK4BAU

 検査名


バウム・テスト 樹木画による人格診断法 【The Tree Test】

 対象年齢


幼児〜成人

 解説


バウム・テスト は、スイスの精神科医チャールズ・コッホ(Charles Koch)により考案された簡便な投影描画法の心理テスト。 被検者の描いた「1本の実のなる木」からその深層意識や内面を全体的印象、樹木の形態、鉛筆の動き、樹木の位置の4側面から60項目余りにわたって診断的解釈を行い理解する。 筆記用具以外の特別な器具を必要としないため、わが国の心理臨床の現場においても広く用いられている。
 
◆診療報酬点数:280点(根拠D284-2)
 
★用紙セット
■樹木画の特徴をより客観的かつ綿密に分析し、利用者間の情報を共通化する目的で作成され、C. Kochの示した項目が中心となっている。
■整理表(20枚)、所見票(20枚)、画用紙(20枚)、整理表手引、評定シートで一組になっています。
■バウム・テストの結果については、一定のフォームがなく、基準がまちまちでしたが、本診断用紙の利用によって、画用紙の大きさや材質も統一されました。また、利用者間の共通の情報として傾向を把握できるように整理表や所見票を使用することで、あとの解釈に利用できます。
 
◆文献
「バウム・テスト 樹木画による性格診断の研究」(A5版152頁)
 著者:小坂 茂  概要:筆者の万を超えるバウムテストの分析・診断を元にして執筆された。心理や教育関係者など臨床に携わっている方が、性格診断をする場合の参考になるように書かれている。バウムテストの創使者コッホが提示する指標を忠実に参考にしながらも、筆者が関わった多くの体験を生かし、分析・診断の方法についてより深い理解が得られるようにしている。バウムテストを読みとる視点はおよそ300項目ある。特に頻度が高い重要な約50項目を選び、それらの指標に従って性格診断ができるようにしている。また、機械的にテストを実施することなく、筆者が臨床場面でこのテストをどう扱ってきたかも示してある。
 
「バウムテスト[第3版]心理的見立ての補助手段としてのバウム画研究」(A5版382頁)
 著者:K.コッホ 訳者:岸本寛史、中島ナオミ、宮崎忠男 概要:本書はバウムテストを体系化したカール・コッホのドイツ語原著『バウムテスト第3版』(1957年)の本邦初訳である。これまでコッホのテキストの邦訳版は初版の英訳版からの重訳しか存在しなかったが、分量が3倍となった第3版にはコッホのバウムテストに対する考え方が詳細に記されている。これまで断片的にしか紹介されることのなかったコッホの思想の全貌がはじめて明らかにされる。 原書名:Der Baumtest. 3.Auflage.
 
「臨床バウム 治療的媒体としてのバウムテスト」(A5版254頁)
 著者:岸本寛史 概要:心理療法の実践場面でバウムテストをどのように活かしていけるのかを、各種領域の臨床事例をもとに紹介し、単なる心理テストを超えたバウム利用の可能性を探る実践的研究書。 コッホの考え方を基盤に数年来おこなってきた研究会での研鑽の成果をまとめ、日本でのバウムの臨床を深めることに寄与できることを目指した。バウムテストをおこなっている多くの臨床家にとって、自らの心理臨床の幅を広げ深める意味でも有用な書となろう。
 
「バウムテスト活用マニュアル −精神症状と問題行動の評価−」(A5版240頁)
 著者:ドゥニーズ・ドゥ・カスティーラ 訳者:阿部惠一郎 概要:本書は,不確定要素の多いバウムテストを実施するにあたっての注意点や実際の読み方を分かりやすく述べたものであり,もっぱら使いやすさと読み方に重点を置いている。著者の方法は,まず描画から特徴的なサインを抽出し,それぞれのサインを根拠にして性格特性や精神症状を指摘し,次にそれらを纏めて総合所見を作る。実践にあたっては,「なぜそのように読めるのか」と自問自答しながら根拠を示す姿勢を常に持って行うのである。本書はそのような姿勢で書かれているからこそ,バウムテストの所見(木の各部分)と精神症状を大胆に結びつけることに成功している。 150枚の樹木画を収録し,巻末にはバウムテストに表れるサインと精神症状,性格,問題行動の関係をわかりやすい一覧表として付した。
 
「樹木画テストの読みかた 性格理解と解釈」(A5版150頁)
 著者:リュディア・フェルナンデス 訳者:阿部惠一郎 概要:著者は樹木画から「心理学的サイン」を見つけ出し,それぞれのサインから被験者の性格特徴を感情・情緒領域,社会的領域,知的領域の3つの領域に分けて分析する「読みかた」をコンパクトに示している。実際の樹木画を呈示し,著者独特の描画後質問表を用いた症例の数々を通して,「読みかた」が鮮やかに理解され,実際に所見を書く際に役立つだろう。 また,巻末に付した訳者による解題では樹木画テストの研究史を俯瞰し,樹木画テストがどのように読まれてきたか,そして今日どのように読まれるべきかを考察した。 本書は樹木画テストの読みかたを模索する臨床家のための,待望のプラクティカル・ガイドである。

 発行元


用紙:日本文化科学社

 品目


商品コード商品価格うち消費税
NBK4BAUBY バウム・テスト 描画用紙のみ(100 枚) 1,900円 (141)
NBK4BAUUH バウム・テスト
樹木画による性格診断の研究 (A5判152頁)
2,160円 (160)

NBK4BAUSH バウムテスト[第3版]
心理的見立ての補助手段としてのバウム画研究(A5判382頁)
5,184円 (384)

NBK4BAUSI 臨床バウム 治療的媒体としてのバウムテスト
(A5判254頁)
3,456円 (256)

NBK4BAUKH バウムテスト活用マニュアル
−精神症状と問題行動の評価− (A5判240頁)
3,888円 (288)

NBK4BAUKI 樹木画テストの読みかた
性格理解と解釈 (A5判150頁)
2,700円 (200)

NBK4BAUMY バウム・テスト 診断用紙(20部1組) ※絶版 0円 (0)

NBK4BAUMM バウム・テスト 検査法 ※絶版 0円 (0)